2017年11月18日土曜日

French Lessons #323

"Espérer c'est presque vivre." (Gauguin)

Quotes 2017 #323

"She had Pagan eyes, full of nocturnal mysteries, and their light, as it came and went, and came again, was partially hampered by their oppressive lids and lashes; and of these the under lid was much fuller than it usually is with English women. This enabled her to indulge in reverie without seeming to do so: she might have been believed capable of sleeping without closing them up." (Thomas Hardy, The Return of the Native)

「ブレーン」に窓をめぐるエッセー

音威子府のことを思い出しながら。

https://www.sendenkaigi.com/madoniakari/vol43.html

French Lessons #322

"'Maintenant, lui dit-elles, voyez donc la mort', et elle me montra du doigt. Cela avec un air très tranquille et presque amical, mais sans sourire." (Blanchot)

French Lessons #321

"Les matériaux ont subi une altération. Les collines qui descendent en ondulations régulières vers les plages ont pu servir de vagues à la surface desquelles on peut glisser." (Lyotard)

French Lessons #320

"Le texte est (devrait être) cette personne désinvolte qui montre son derrière au PÈRE POLITIQUE." (Barthes)

French Lessons #319

"Le plaisir du texte, c'est ce moment où mon corps va suivre ses propres idées---car mon corps n'a pas les mêmes idées que moi." (Roland Barthes)

Quotes 2017 #322

"...what violence must be exerted on thought for us to become capable of thinking; what violence of an infinite movement that, at the same time, takes from us our power to say 'I'?" (D&G)

Quotes 2017 #321

"As Nietzsche succeeded in making us understand, thought is creation, not will to truth." (D&G)

Quotes 2017 #320

"In the end, does not every great philosopher lay out a new plane of immanence, introduce a new substance of being and draw up a new image of thought, so that there could not be two great philosophers on the same plane?" (D&G)

Quotes 2017 #319

"Spinoza is the vertigo of immanence from which so many philosophers try in vain to escape." (D&G)

2017年11月17日金曜日

「文学と環境」に書評

ASLE-Japan/文学・環境学会機関誌『文学と環境』20号に、やや長めの書評を寄稿しました。フランスの哲学者Dominique Lestel の『肉食擁護』英訳版 Eat This Book : A Carnivore's Manifesto (trans. Gary Steiner, Columbia U.P. 2016) 。ごらんいただければさいわいです。

2017年11月16日木曜日

急遽上映決定!『あたらしい野生の地〜リワイルディング』

 急な話ですみません。明日17日(金)、下北沢の本屋B&Bで、オランダ史上最大のヒット作であるドキュメンタリー映画『あたらしい野生の地〜リワイルディング』の上映会を開催します。

午後8時から、約100分の作品です。ビールでも飲みながら、ゆっくりごらんになっていただき、後はぼくが質問をお受けします。昨年秋の一般公開から約1年。全国各地での上映運動を、続けています。ご都合のつく方は、ぜひいらしてください。

http://bookandbeer.com/event/20171117_rewilding/

2017年11月15日水曜日

French Lessons #318

"Le ravin, c'est une faille ouverte naturellement dans l'épaisseur de la falaise basaltique, un coup de sonde comme aucun homme n'aurait pu le donner. L'eau, ruisselant siècle après siècle, l'eau des ouragans et des tempêtes de mer, mais aussi l'eau impalpable de l'humidité quotidienne qui use et ronge goutte à goutte ---- l'eau de la vie a fait cela." (Le Clézio)

Quotes 2017 #318

"But there was money about, and there were local moguls---Henry Huntington, who ran streetcar lines; and Abbot Kinney, who made a fortune from his vast tobacco company---who decided they could manufacture a beach culture. So they concocted plans to develop separate and competing portions of the coastline, each tycoon vying for the leisured pursuits of the new leisured class." (Simon Winchester, Pacific.)

2017年11月14日火曜日

岡本太郎美術館へ

10日(金)、あまりにお天気がいいので、2限の「英語リーディング」をそのまま岡本太郎美術館への遠足としました。

うちのキャンパスからは谷を下りてまた上がり、尾根を越えたところ。ちょうど「岡本太郎とメディアアート展」開催中で、山口勝弘とその弟子筋のみなさんのおもしろい作品がいろいろ。23人の学生たちもよろこんでました。

で、改めて思ったのが、太郎さんのインパクト。ぼくらは小学校6年生だった1970年に大阪万博を経験した世代で、「太陽の塔」は端的にいって世代的シン ボル。岡本太郎の名とともに、その独特な意匠は深く心に刻まれています(背後にある「黒い太陽」の意味までは考えなかったにせよ)。

世代的なことをいうなら、ぼくらは太郎さんのおかげで、最初から現代美術に拒絶反応をしめすことなくうけいれる下地があった。またそれより少し早い時期のグループサウンズ・ブームのおかげで、ロックバンド経験者がむちゃくちゃに多い。

のちに大学でフランス語を学んで、バタイユ、レリス、カイヨワらの社会学研究会(コレージュ・ド・ソシオロジー)に強い興味をもったのも、岡本太郎効果のひとつだったのかもしれません(太郎さんは特にバタイユと親しかった)。

1911年生まれの太郎さんが「太陽の塔」を作ったのは59歳のとき。あ、いまの自分の年齢だ。いったい何をやってるんだろう!とちょっぴり反省を促してもくれる、秋の気持ちのいい遠足でした。

With Peter Cole at Infinity Books!

11月5日(日)、アメリカの詩人ピーター・コールと、吾妻橋の英語古書店(ビールも飲める、音楽も聴ける)インフィニティ・ブックスで朗読会を行いました。主催は東京在住のバイリンガル詩人ジョーダン・スミス。

ピーターは中世ヘブライ語詩の翻訳でも知られる詩人。現在、イスラエルとアメリカ半々で暮らしているそうです。当日はジョーダン、ぼく、ピーターの順に朗読。翻訳をテーマにした本質的な話をはさみつつ、密度の濃い詩的イベントになりました。

終わってその夜、有楽町での食事ののち外に出ると、厳戒態勢の中をトランプの車が。そして考えてみれば、トランプだって、やはり翻訳の問題。

ピーターの英語作品は、いずれ日本語に訳して紹介してみたいと思っています。

「宮津〜海、音色、声、記憶」(10月28日)

少し日が経ってしまいましたが、報告。

京都府立大学・松田法子さん主催の宮津研究のイベントに、昨年度につづいて参加しました。天橋立にあるカフェ・ドゥ・パンにて、10月28日(土)。

まず古木洋平監督によるすばらしい短篇ドキュメンタリー、ついでぼくがドイツ作家ケラーマンの『日本散策記』(1910年、林立騎さんによる新訳)から宮津にまつわる部分を朗読。しめくくりは旅する歌手・松田美緒さんの、ほぼ忘れられた地元の歌の発掘を含むミニ・コンサート! 湖面にふりしきる雨を見ながら、すばらしい夕べとなりました。

驚いたのが、古木監督が捉えた現在の宮津の祭り。ケラーマンの描写がすべていまも息づき、祭りの伝統が現代の子供たちにまでひきつがれていること。このドキュメンタリー、全体が完成した暁には(たぶん来年度)、宮津の町のみならず、われわれすべての共有財産となるような貴重な作品です。

松田先生の構想力と実行力が、この町の過去百年をいきいきと甦らせつつあります。きわめて意義深いプロジェクト。参加できて、ほんとうに幸運でした! (そして終了後の夜に宮津名物のカレーやきそばを食べるのも幸福。)

『あたらしい野生の地〜リワイルディング』鳥取上映会

映画『あたらしい野生の地〜リワイルディング』の鳥取上映終了。11日(土)、12日(日)と、鳥取市青谷(あおや)の「あおや和紙工房」で上映していただきました。
なんとスクリーンは巨大な1枚ものの和紙! そのしわしわに画面がいっそう生気をおびる、すばらしい環境。音も理想的によくて、観客のみなさんに楽しんでいただけたことと思います。

これは現在、同館で開催中の美術家・永本冬森(ともり)さんの個展「ワイルドライフ~鳥と野生動物」の関連企画。兵庫県の豊岡劇場での上映を見てくれた冬 森さんが、その場で声をかけてくれたことから始まったもの。アーティスト主導の動きに地元のみなさんが反応して、非常にいいかたちになりました。

たまたまいま倉吉の明倫AIR (artist in residence)でレジデントアーティストをやっている、中村絵美さん(うちのゼミ出身)と久保田沙弥さんも来てくれました。おかげさまで、上映後の ディスカッションも充実。山田館長をはじめとする和紙工房のみなさん、裏方をぜんぶひきうけていただいた明倫の仲倉さんと里田さん、また土曜夜のイベント と宿泊ですっかりお世話になった「鳥の杜」の福井ご夫妻に、心から感謝します。

手応えのある上映会。それはもちろん、この映画が手応えのある作品であることから来ています。小学生から百歳まで、生命の連環を一瞬でも考えたことのあるすべての人が楽しめる、語れる、作品です。

上映会開催に興味のある方は、ぜひ気軽にご連絡ください。鳥取。また行きます! 鳥の土地にふさわしい鳥獣映画でした。

2017年11月13日月曜日

Quotes 2017 #317

"The words 'noonday hillside' suggest that the world does not have rigid topography but optional configurations. At 4 P.M. it might not be a hillside at all. We take our identities from our relationships, just as the earth takes its configurations from the time of day, the position of the source of light. This is a fluid world." (Richard Hugo)

Quotes 2017 #316

"Think small. If you have a big mind, that will show itself. If you can't think small, try philosophy or social criticism." (Richard Hugo)

Quotes 2017 #315

"Assuming you can write clear English sentences, give up all worry about communication. If you want to communicate, use the telephone." (Richard Hugo)

Quotes 2017 #314

"Never worry about the reader, what the reader can understand. When you are writing, glance over your shoulder, and you'll find there is no reader. Just you and the page." (Richard Hugo)

French Lessons #317

"L'univers n'est ni en mouvement ni immobile, ni en progression ni en régression, Régéneration seulement." (Dogen, cité par Sollers)

French Lessons #316

"Tout l'accent est mis sur le GENJO, la 'réalisation comme présence.' Le juste moment, le moment favorable : de tous les côtés il n'est question que du Temps. Le Présent seul est réel, c'est un océan." (Sollers)

French Lessons #315

"J'ai envie de m'amuser, mon corps me freine. Je veux écrire, il veut sortir." (Sollers)

French Lessons #314

"Soleil nouveau chaque jour, bleu, gris, froid, chaud, pluie, vent, c'est pareil, mais derrière, à chaque instant, la lumière fait signe." (Philippe Sollers)

2017年11月9日木曜日

French Lessons #313

"Du haut du ciel, le vent plonge ; la flèche de ses mains jointes fend les nuages. D'un coup de talon, il écrase les arbres et il remonte. Parfois, un aigle roux descend des Alpes, mais l'air des plaines proches ne le porte plus ; il nage à grands coups d'aile et il crie comme un oiseau naufragé." (Giono)

French Lessons #312

"Quand j'étais tout petit, je jouais, puis j'avais faim. Ma mère taillait alors une plate tartine de pain, elle la saupoudrait de sel, elle l'arrosait d'huile par un large 8 de la burette penchée ; elle me disait : 'Mange.'" (Jean Giono)

Quotes 2017 #313

"The imagination is a cynic. By that I mean that it can accommodate the most disparate elements with no regard for relative values. And it does this by assuming all things have equal value, which is a way of saying nothing has any value, which is cynicism." (Richard Hugo)

Quotes 2017 #312

"Words love the ridiculous areas of our minds." (Richard Hugo)

2017年11月8日水曜日

French Lessons #311

"La philosophie est une réflexion pour qui toute matière étrangère est bonne, et nous dirions volontiers pour qui toute bonne matière doit être étrangère." (Georges Canguilhem cité par Mauro Carbone)

Quotes 2017 #311

"It was a beautiful day. How 'bout some coffee? Don't mind if I do. Take a little ride on my donkey. I love that donkey. Hell, I love everybody." (James Tate)

2017年11月7日火曜日

12月16日(土)、『銀河鉄道の夜』八戸公演です!

八戸のみなさん、お待たせしました。ぜひいらしてください!

http://milkyway-railway.com/2997

French Lessons #310

"Le vent, la pluie, le soleil brûlant. L'île est semblable à un radeau perdu au milieu de l'océan, balayée par les intempéries, incendiée, lavée. L'érosion extrême de la mer a modelé ces roches jaillies des profondeurs, les a usées, polies, vieillies, et pourtant reste sur chacune d'elles la marque du feu qui les a créées." (Le Clézio)

2017年11月6日月曜日

Quotes 2017 #310

Lights Out
(Hugo Williams)

We're allowed to talk for ten minutes
about what has happened during the day,
then we have to go to sleep.
It doesn't matter what we dream about.

2017年11月5日日曜日

French Lessons #309

"Écrire, c'est consommer ses mauvais styles en les utilisant." (Cesare Pavese)

2017年11月4日土曜日

Quotes 2017 #309

"For if there were two things that Watt disliked, one was the moon and the other was the sun." (Beckett)

French Lessons #308

"Chaque fois que mon grand-père quittait son monde, c'était pour trouver celui du vent, de la mer, de la foudre." (Le Clézio)

Quotes 2017 #308

An Hour is a Sea
Between a few, and me --
With them would Harbor be --

(Emily Dickinson)

French Lessons #307

"Vénus, pure et belle, diamant à l'éclat si intense qu'il éclaire la mer au-dessous de lui comme un phare." (Le Clézio)

Quotes 2017 #307

I have been treading on leaves all day until I am autumn-tired. (Robert Frost)

French Lessons #306

"Mais c'est ici, à l'Anse aux Anglais, que tout est devenu évident. C'est l'appel d'un autre monde, d'un monde vide d'homme, où règnent les rochers, le ciel et la mer." (Le Clézio)

Quotes 2017 #306

I don't feel this will change.
I don't want any thing
or person, familiar or strange.

(John Berryman)

2017年11月2日木曜日

シンポジウム「火山のめぐみ」

 いよいよ1か月後、明治大学中野キャンパスでシンポジウム「火山のめぐみ」を開催します。「動物のいのち」「100歳のロラン・バルト」「声の氾濫」につづく、当研究室企画の画期的イベント! 12月2日(土)の午後はぜひいらしてください。

http://www.meiji.ac.jp/sst/grad/information/6t5h7p00000pm88g.html

2017年11月1日水曜日

French Lessons #305

"Mais le regard des oiseaux avait la dureté même du basalte, leur esprit devait être tranchante et fort comme le vent, comme les récifs sous la mer." (Le Clézio)

French Lessons #304

"Lʻavenir, cette énigme irritante, m'ennuie." (Le Clézio)

Quotes 2017 #305

Was that the distant roar of lions
Or the sounds of the clouds travelling?

(Peter Redgrove)

Quotes 2017 #304

This is the Hour of Lead --
Remembered, if outlived,
As Freezing persons, recollect the Snow --
First -- Chill -- then Stupor -- then the letting go --


(Emily Dickinson)