2016年11月10日木曜日

「日本経済新聞」11月6日

6日(日)の日経新聞に、台北での北投ヘテロトピアの紹介エッセーを書きました。題して「北投異托邦!」。ぜひお読みください。

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO09149240U6A101C1BC8000/

 30年ぶりのソウル

11月5、6日、韓国ソウルの東國大學校で開催されたISLE East Asia (東アジア文学・環境シンポジウム)に参加しました。南山のそばの美しいキャンパスはすでに秋たけなわ。ぼくは古川日出男の『冬眠する熊に添い寝してごらん』と彼の近代批判、そしてリワイルディングをむすぶ発表を行いました。

ソウルは30年ぶり。地下鉄網が充実し、まったく別の大都会になっていました。今回はあまり街を見る時間がなかったので、また近いうちに訪れたいと思っています。光州や釜山にも行きたいし。

おりしも朴大統領に対する人々の批判が高まり、土曜日の夜はものすごいデモ。しかし家族連れや高校生くらいの子のグループも多く、政治風土のちがいがうかがえました。非常に興味深い国、社会です。

ドリアン助川さんと

事後報告ですが、11月3日、渋谷アップリンクでの『あたらしい野生の地 リワイルディング』の上映に際し、ドリアン助川さんと対談をしました。ドリアンさんはこの映画にもっとも強い関心を寄せてくださったひとり。さすがの話術で満員の観客のみなさんを楽しませてくれました。

ドリアンさんがこの数年とりくんでいる主題のひとつが、ファーブル。そう、あの昆虫記のファーブル先生の生涯と思想です。ファーブルとこの映画に共通する点があるとしたら、それは「よく見ること」につきるでしょう。動物たちを、よく見る。観察する。するとおのずから、宇宙のさまざまな連関が明らかになる。

そんな心がけを、ぜひこの映画からも学んでください。

2016年10月29日土曜日

『彷徨える河』上映開始!

コロンビアのシーロ・ゲーラ監督による本気の人類学映画『彷徨える河』(蛇の抱擁)。本日よりイメージ・フォーラムで上映開始です。

http://samayoerukawa.com/

ぼくはパンフレットに「映画という薬草」という文章を書いています。南米、密林、人類学的葛藤に少しでも興味のある人は、必見。

ぜひアップリンクの『あたらしい野生の地ーリワイルディング』とはしごして、頭がくらくらするほどの世界旅行の気分を味わってください。

2016年10月27日木曜日

北投ヘテロトピア

Port Bの新作「北投ヘテロトピア」(北投異托邦)が台北で10月15日から公開されています。ぼくは温又柔さんとともに、テクスト執筆で参加しました。

以下、情報です。台湾にいらっしゃるみなさん、ぜひ体験してきてください!

*****
【北投ヘテロトピア】
ついにヘテロトピアが東京を抜け出し、台湾・台北の温泉地、北投(ベイトウ)で開催されます!
北投にしか存在しない「バイクタクシー」に乗り、北投地区の7つの場所をめぐるツアー形式の作品です。訪問地でQRコードを読み取ると、土地の歴史を知り、ありえたかもしれない物語を聴くことができます。台湾国際映像展覧会 2016 TIVAへの出品作品として、2017年の1月まで体験できます。台湾にお立ち寄りの際は是非ご参加ください。

台湾国際映像展覧会「負地平線」2016 TIVA
5th Taiwan International Video Art Exhibition "Negative Horizon"
主催:鳳甲美術館

『北投ヘテロトピア』北投異托邦
会期|2016年10月15日- 2017年1月8日
参加作家|管 啓次郎、温又柔、陳又津、ワリス・ノカン
ツアー|毎日15:00から鳳甲美術館より出発(月曜は休み)
参加費|500 NTD(約1500円)
所要時間|約120分
www.twvideoart.org/tiva_16/Akira_TAKAYAMA.html

ご予約はこちらから(毎日限定5名)
docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScHBsv59b_rrLagHnBMlRcctGqBgGVuqV8PLf9tD-iWxVzs3Q/viewform?c=0&w=1
※北投は台北駅から電車で20分ほど北上した所にある温泉地です。

いよいよ公開です

ドキュメンタリー映画『あたらしい野生の地ーリワイルディング』(マルク・フェルケルク監督)、いよいよ29日(土)から渋谷のアップリンクで公開です。

今月上旬に来日した監督の出演したテレビ番組「世界一うけたい授業」でも大きな反響を呼びました。

「通販生活」WEBでは、ぼくがインタビューをうけています。
https://www.cataloghouse.co.jp/yomimono/161025/?sid=top_main

毎日新聞による紹介は以下に。
http://mainichi.jp/articles/20161022/ddm/014/200/014000c

NEWSWEEK日本版、これもいい記事です。
http://www.newsweekjapan.jp/ooba/2016/10/5045.php

2016年10月20日木曜日

「読売新聞」10月15日朝刊

ボブ・ディランのノーベル文学賞を受けて、15日の「読売新聞」朝刊に短文(800字)を寄稿しました。20日現在、まだディランからの声明はないようです。しかし賞の有無にかかわらず、彼が歴史的な大詩人であることに変わりはありません。詩か歌詞か、文学か音楽かといった議論は、まったく彼を捉えそこねていると思います。